「WEB 市民の司法 〜裁判に憲法を!〜」 は、裁判が日本国憲法にもとづいて行われることを望み、法学館憲法研究所(所長:伊藤真)と「司法改革・市民フォーラム」(代表:大出良知・東京経済大学教授)が共同で運営します。
 
2018年4月30日(月)
【村井敏邦の刑事事件・裁判考(76)】
再審における供述心理鑑定の役割
村井敏邦さん(一橋大学名誉教授)
 
大崎事件の再審開始決定と即時抗告審決定
 大崎事件の再審開始決定があり、即時抗告審も検察官の不服申し立てを蹴って、開始決定を支持したことについては、3月26日のこの欄で触れました。その時は、検察官の即時抗告を問題にして論じました。
 今回は、再審請求審決定と即時抗告審決定における心理鑑定に対する評価を比較して、再審事件において、心理鑑定がどのよう役割を果たしているかを考えてみます。…