「WEB 市民の司法 〜裁判に憲法を!〜」 は、裁判が日本国憲法にもとづいて行われることを望み、法学館憲法研究所(所長:伊藤真)と「司法改革・市民フォーラム」(代表:大出良知・東京経済大学教授)が共同で運営します。
 
2019年1月31日(木)
【村井敏邦の刑事事件・裁判考(85)】
刑事司法と国際基準
村井敏邦さん(一橋大学名誉教授)
 
ゴーン氏の身体拘束に対する国際的批判
 前日産会長ゴーン氏の身体拘束はまだ続いています。前回は、金融商品取引法違反についての勾留とその延長の問題を扱いました。この勾留延長に対しては、裁判所はこれを却下し、これに対する準抗告も棄却しました。その直後、検察側は、特別背任罪でゴーン氏を逮捕し、勾留を請求しました。裁判所はこれらの請求を認め、さらに勾留延長も認めて、ゴーン氏の身体拘束は年を超えました。
 年が明けた2019年1月11日までに、検察は、ゴーン氏を以上のすべての罪で起訴しました。ゴーン氏側は、2度にわたって保釈を請求しましたが、裁判所は、いずれの保釈請求も却下しました。…