「WEB 市民の司法 〜裁判に憲法を!〜」 は、裁判が日本国憲法にもとづいて行われることを望み、法学館憲法研究所(所長:伊藤真)と「司法改革・市民フォーラム」(代表:大出良知・東京経済大学教授)が共同で運営します。
 
2017年12月1日(金)
【村井敏邦の刑事事件・裁判考(72)】
ピースボートで平和について考えた
村井敏邦さん(一橋大学名誉教授)
 
 8月13日に横浜大桟橋を出航して、104日間。北半球を一周して、11月24日、再び大桟橋に到着しました。
 104日間の船旅というのは、初体験です。退屈するのではないかと考えて、たまった仕事をこの際に片付けることと、読んでおきたい厚い本、ハーモニカ、絵の道具などをもって、夫婦二人で乗り込みました。
 実際には、退屈するどころか、毎日、さまざまなイベントがあり、まとまって仕事をする時間はとれずじまいでした。
 どんなことで時間がふさがれたのか、その点に入る前に、ピースボートとは何かについて、ピースボートのホームページから抜き出して、紹介しておきましょう。 …